カットだけでもトリートメントやヘアケアは必要ですか?【Q&A】

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。

今回は「ヘアケア」に関してのご質問をいただいたのでお答えしていきたいと思います。

お客さま

髪の毛を傷ませたくないので、いつも美容師さんにはカットだけでお願いしています。

ヘアカラーやパーマなどの髪の毛が傷むことはしていないと思うのですが、最近髪の毛が前よりもパサパサしてくせ毛が気になりやすくなってしまいました。

こういう場合は美容院でもカット以外にトリートメントとかした方がいいんでしょうか?

では早速お答えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カットだけでもトリートメントはした方がいいと思います。

「髪の毛が傷むことはしていない」とありますが、実は髪の毛は水に濡れるだけでも傷んでしまいます。

【衝撃的な事実】髪は水に濡れただけで傷みます。
こんにちは。美容師のオカダアキヒロです。今日の一行コラムはこちらです。 髪は水に濡れただけで傷む です。髪の毛は日々ダメージにさらされている...

(以前にブログにしたので参考にして見てください。)

なので、結論から言うとトリートメントはした方が髪の毛は綺麗になります。

パーソナル美容師の岡田

髪の毛は「減点法で傷んでいく」のです。髪にマイナスなことをなるべく避けて、毎日のヘアケアで失った栄養を補うようにしましょう

これに関して少し説明してみます。

髪は「減点法」で傷んでいきます

「減点法」と言うとピンとこないかもしれませんので、たとえて話してみましょう。

元々ダメージも何もない髪の毛が100点持っているとすると、

紫外線を受けるとマイナス○点、乾かさないとマイナス○点、ドライヤーの熱でマイナス○点・・・

という風に、日頃から髪の毛は様々な刺激を受けています。

それで髪の毛が傷んでしまったとして、サロンでトリートメントしても100点以上にはならないんですね。なので、日頃からのヘアケアが大切になってきます。

パーソナル美容師の岡田
加齢によって100点で生えてきた髪が、90点でしか生えてこなくなってきたりします。

なので、ヘアケアや頭皮ケアを考えるときにはこれが最大のポイントになります。

『傷んでしまった時の対策』よりも『傷ませない予防が大事』

つまりはヘアケアや頭皮ケアを根本的から考えていくと、ここに行き着きます。

なるべくダメージの要因を避け、受けてしまったダメージはその日のうちにケアするようにする。

それだけでもだいぶ変わります。

パーソナル美容師の岡田
ですが、ダメージをあまり気にしすぎたり神経質になりすぎずに、一緒に髪をケアしながら毎日を楽しんでいきましょう。

お役に立ちましたでしょうか?お役に立てれば幸いです。

「ヘアケア」に関してこちらの【Q&A】も参考になるかも知れません。

トリートメントとコンディショナー・リンスの違いって何ですか?【Q&A】
こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。今回もご質問いただいたのでお答えしていきたいと思います。トリートメント・コンディショナー...

美容院でやるトリートメントは家でやるのと何が違うんですか?【Q&A】
こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。今日は【ヘアケア】について、ご質問いただいたのでお答えしていきたいと思います。日常のトリ...

ぜひ参考にしてみてください。

それでは。

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク