パーマとカラーはどちらの方が髪のダメージは少ないですか?【Q&A】

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。

今回も質問いただいたので答えていきたいと思います。

お客さま
ずっと地毛の状態で伸ばしてきたのですが、最近暖かくなってきたし春なのでパーマかカラーリングをして気分を変えたいです。

そこで、パーマをかけるかカラーリングをするかどちらをするかで迷っています。

もともとの髪質が癖があって傷みやすい髪質なので、できれば髪の毛が傷まなくてキレイに見える方がいいです。私の場合、パーマかカラーリングどちらがおすすめとかプロ的な意見はありますか?お手数ですが教えてください。

暖かくなってきましたし、気分も変えたくなりますよね。

髪の傷みが気になるという事なので、お答えしていきましょう。

パーソナル美容師の岡田
パーマもカラーリングもどちらも薬剤を使うので、どうしても髪の毛に負担はかかってしまうのですが、どちらかといえば髪の毛に負担が少ないのはカラーリングですね。

では詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪を傷んで見せたくないならカラーリングの方がいいかも

これは、判断が非常に難しくて一概に言えないんですよね。気分となると人それぞれなので。

というのも、癖の具合やライフスタイルなど人それぞれに答えが変わるところなので、詳しくは美容師さんに相談するのがいいと思いますが、

髪の毛の負担やダメージに関して言えば、一般的にはカラーリングの方がダメージしにくいと言われています。

お客さま
カラーリングの方が髪の毛は傷んで見えにくいですか? 
パーソナル美容師の岡田
カラーリングの方が髪の毛にツヤが出たりキレイに見えやすいため、髪の毛が傷んで見えにくいのはカラーリングだと思います。

ですが、地毛からいきなり「外国人風」を目指してのダブルカラーやブリーチを使うカラーリング等をする場合は、パーマの方が傷まない場合もあるので、そこはヘアデザインや元の髪質などによって変わるので一概に言えないところですね。

パーソナル美容師の岡田
カラーがよくてパーマが悪いというのではなくて、パーマもスタイリングが楽になったりして気分も変わっていいところもありますので、髪質とライフスタイルなども相談して決めていくのがいいと思いますよ! 

美容師さんに相談しよう!

ということですね。「パーマかカラーかどっちが傷まない?」っていう質問に関してのアンサーですが、

パーマがいいかカラーどっちをしたら気分が変わるか

とかになってくるとこれは本当に人それぞれの答えがパーソナルに変わると思います。

くせがあって元々の髪色が暗めの人なら、カラーリングの方が気分が変わりそうですし、

ストレートで元々の髪色が明るい人なら、パーマをかける方が気分が変わるかもしれません。

そこはお客様とビューティーパートナーとして一緒に考えてけたらと思いますので、一人で迷わずに是非ともパーソナル美容師に相談してみてください。

それでは。

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク