カラーリングで毛先が暗くならない様に染めるには。

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。オカダです。

夏はパーマスタイルが活躍する時期ですが、パーマをかけると、パーマの薬を使うので毛先のカラーの色味が抜けてしまいます。

これは、ある意味仕方のないことなのですが、問題はそのあとです。

MIYAKO85_maihamabeach20140726-thumb-1000xauto-17403

「逆」グラデーションカラーになりやすい状態

パーマをかけた後のカラーリングをした方で、毛先が根元の色より暗くなってしまっている方が結構多いのです。

これは、パーマのかかっている部分と、根元の部分とでは、負担のかかり具合が変わっているので、

一度に同じカラー剤で染めてしまうと、どうしても毛先の部分に色味が入りすぎてしまう。

その為に染め上がりで毛先が根本より暗くなってしまいます。

残念なことに、これではせっかくのカラーリングも

「逆グラデーションカラー状態」になってしまいます。

人気の「グラデーションカラー」は、根元から毛先にかけて自然に明るくなっていく事が「美しい」のですが、

「逆グラデーションカラー」では、不自然に見えてしまうだけではなく、「美しい」とはまた違った印象になってしまいます。

そうならない為にどうしたらいいのか?

まずは、しっかりと髪の状態の「見極め」が出来る美容師さんにお願いすることがオススメです。

しっかりとした知識と経験で、髪の状態や履歴を判断して染めていきます。
そして、根元と毛先の違いに合わせて、「カラー剤の塗り分け」をすることも大切です。

カラー剤は薬剤なので、カラー剤の反応がどうでるか、というところもすごく大事なところ。

2015-05-29-14-27-16_deco

カラーリングを制する者は夏を制す!

_KC_2498_1

折角の夏のカラーリング、キレイなグラデーションで楽しみたいものですね♪

是非、お任せ下さい!

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク