明るくするヘアカラーと暗くするヘアカラーとどちらが髪は傷みますか?【Q&A】

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。

今回は「ヘアカラー」に関してのご質問をいただいたのでお答えしていきたいと思います。

お客さま
ヘアカラーで、明るめの色に染めようが、暗めの色に染めようが、ブリーチじゃなければどちらのヘアカラーもダメージは変わらないですか?

ブリーチはしているのですが、髪の毛のダメージが気になってしまい、今の状態から暗めにしようか明るめにしようか迷っています。

では早速お答えしていきます。

パーソナル美容師の岡田
どちらかと言ってしまえば、明るくする必要がないのであれば暗くする方がダメージはしにくいと言えます。

それでは詳しく解説していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

明るくするのと暗くするのだとダメージが少ないのは暗くする方

一般的に「ヘアカラー剤」というのは、髪の毛を明るくする力のある「アルカリ剤」と「染料」でできています。

「ブリーチ剤」には「染料」が入っていないので、髪の毛を明るく(脱色・脱染)することに特化しています。

ブリーチをすると、髪の色を「抜く」ことができます。

明るめのカラー剤だと、アルカリ剤の配分が多く、そのぶん「染料」の割合は少なくなります。

逆に、暗めのカラー剤だと、アルカリ剤の配分が少なく、そのぶん「染料」の割合が多くなります。

パーソナル美容師の岡田
髪の毛は弱酸性なので、アルカリ性に傾くことで髪の毛に負担がかかります。なので、暗くする方が髪の毛に負担はかかりにくいと言えます。

しかし、どちらのカラー剤も「アルカリカラー剤」なので、髪の毛の負担は避けられません。ダメージが0ではないんですね。

「どうしても髪を傷めたくない」という方は、「ヘアマニキュア」などの他の方法をお考えいただいた方がいいかもしれません。

パーソナル美容師の岡田
「ブリーチ」ではないですが、カラー剤には髪を明るくする「アルカリ剤」は入っているので、なるべく痛まない方法でカラーリングしたいですね

髪の毛の負担と向き合っていくなら、ブリーチを使うカラーをする場合はダメージ95%カットの「アールブリーチ」がオススメです。

他には、レプロナイザーなどの「髪を傷ませない」アイテムを使うこともオススメです。

お役に立ちましたでしょうか?お役に立てれば幸いです。

「ヘアカラー」に関してこちらの【Q&A】も参考になるかも知れません。

【新メニュー】カラーのダメージ95%カット!?話題のアールカラー(アールブリーチ)始めます。
こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。今日から7月ですね。もう今年の半分も終わってしまいましたね。早いものです。今日から2017年の下...
市販のカラー剤でカラーしたら髪がゴワゴワになってしまいました【Q&A】
こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。今回も質問をいただいたのでお答えしていきたいと思います。時間がなくて自分でカラーリングを...

ぜひ参考にしてみてください。

それでは。

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク