赤みのないアッシュ系カラーを染める時に最初は暗めがいい理由【お客様ヘア】

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。夏は中目黒のアッシュ系カラー推し美容師の岡田です。

さて、今日もお客様をアッシュ系のカラーリングにさせていただきました。

アッシュやアッシュグレーなどの寒色系カラーのオーダーは結構多いんですけど、お客様とお話をして染める時に僕がオススメさせていただいてることがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なんで寒色系カラーリングにしたいのか?

アッシュはアッシュグレーなどの寒色系のカラーリングってすごい人気で、サロンでもとてもオーダーが多いですけど、

そのお客様が「なんでアッシュ系カラーにしたいか?」ってところを僕は大事にしています。

というのも、仕上がりが同じ寒色系のカラーリングだとしても

・「髪の毛の赤みをなくしたいのか」

・「透明感を出したいのか」

・「柔らかい感じにしたいのか」

お客様一人ひとりによって、微妙にカラーリングのやりたいニュアンスが違ってくるので

お客様がどんな理由でヘアカラーをアッシュにしたいのか」がとても大事なんですよね。

アッシュ系のヘアカラーは最初は暗めに染めるのがオススメな理由

せっかくいい色にしたのにすぐにカラーリングが落ちちゃった

カラーリングしたことがある人なら誰でも経験があることだと思いますが、

基本的にカラーリングというものは、カラーリングしたその日に一番色が入っている状態なんです。

なので、カラーリングしたその日から、シャンプーするたびに(水に濡れるたび)にカラーリングは落ちていきます。

なので、カラーリングをするその日に入れる色が薄かったり、あまり色味が入らなかったりすると、いつもよりもカラーリングが早く抜けてきてしまう風に感じてしまいやすいのです。

それと、夏は紫外線の影響が強かったり、汗をかいたりして髪が濡れたり、

普通に生活しているだけでも他の季節よりもカラーリングが抜けてしまうがち。

なので、夏にはアッシュ系のカラーリングの色落ちが気になる人は、カラーリングする時には髪の毛にしっかり目に色味を入れるのがオススメです。

仕上がり的には思っているよりも「気持ち暗いかなー」

くらいでも、一週間経った時にいい感じになったりします。

夏のヘアカラー、アッシュ系のカラーリングをオーダーする時は気をつけてみてはいかがでしょうか?

ぜひ相談してください。

それでは。

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク