「光老化」から髪を守れ!!

この記事が気に入ったらシェア

もう7月なのに、なんだかようやく夏って感じがしてきましたね。

夏になると、やはり気になるのが紫外線。

休みの日なんかは天気が晴れると気持ちが良いものですが、紫外線は肌に良くないだけではなく、髪にも良くありません。

では、紫外線を浴びると、髪はどうなってしまうのでしょうか。

紫外線はカラーリングの天敵!?

MIYAKO85_maihamabeach20140726-thumb-1000xauto-17403
まず、紫外線が毛髪の内部のメラニンを分解してしまうため、健康な毛髪であったとしても、赤茶けた色になってしまい、

見た目が不健康な印象や、老けたような印象になるだけでなく、その影響は、髪の毛の内部にも及びます。

毛髪のタンパク質にもダメージが与えられてしまうため、髪の毛が不自然なところですっぱりと切れてしまう、枝毛や切れ毛といった現象がおきるのです。

難しい話なので、もう少し簡単にいうと、おもに皆さんが感じやすいこととしては

・カラーリングが退色する

・髪が乾燥する(手触りが悪くなる)

・毛先がまとまりにくくなる

などが挙げられます。

髪の事だけでもこれだけありますが、実は一番紫外線の影響を受けてしまうのが実は 「頭皮」 なんです。

紫外線に当たるだけで肌は老化する!?「光老化」を知っているか?

これは紫外線が肌の奥まで入り込み、徐々に細胞を壊すことで、実年齢とは関係なく老化をしていくという、世にも恐ろしい老化現象なのです。

髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、髪の毛が抜けてしまう抜け毛の原因となり、放っておくと、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となってしまうのです。

また、頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞があるのですが、紫外線のダメージによりそれが破壊されることで、白髪が発生するともいわれています。

頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌ですから、その頭皮がダメージを受けると、影響が出るのは髪なので、しっかりと対策をしたいものです。

受けてしまってからでは遅い!?紫外線対策は予防が一番!

まずは、カラーリングの後には今年の夏にはSPF50&PA++++の 「UVミスト」 で髪と頭皮を紫外線から予防しましょう。

そして受けてしまった紫外線。これによる頭皮の乾燥を防ぐには、 「炭酸ヘッドスパ」 で、頭皮の「保湿・血行改善」がオススメです。

お客様自身が長く自分の髪を愛していただけるように、今年の夏は一緒に頑張っていきますので、是非ご相談下さい♪

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク