髪を切ろう、街へ出よう。ロングからボブへバッサリと。【お客様ヘア】

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。

2018年に入って2週間が経ちますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

岡田は絶好調な滑り出しで、バッサバッサと髪を切っています。といっても美容師の僕が、

切らせてくださいよ〜お願いしますよ〜

と土下座してお願いして切っているわけでなく、スタイルチェンジする人が多いんですね。さすが年の始めといったところかな。

僕はいつも通り、「切るかどうか迷ってる人は切る」スタンスなので(無理やりは切りませんが)、変えたい気持ちの背中を押すのが美容師の務めなのであります。

迷ってるならバッサリ髪をカットしない方がいいというのは迷信。【お客様ヘア】
こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。 最近、バッサリ髪を切る人が多いんですけど、なんででしょう?春だからですかね? ショートのオーダー率...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

髪を切ると人生が変わるっていうのは、人生変わるタイミングで髪を切りたくなるんだと思う

僕が髪にまつわる言葉で好きなのは

「髪を切ると人生が変わる」

って言葉で、何かあれば気に入って言ってるんですけど、大げさなように聞こえちゃうけどそれってあながち嘘でもない気がしてます。

今回も結婚式のフォトも終わった花嫁さまを、もれなくバッサリと切らせてもらったんですけど、そういうタイミングで切る人って多いです。

高校生の頃から知ってるので、本当に半分親のようなそんな気持ちなんですが、頑張って伸ばしたよね。うん、よく頑張ったね。

ちょっとカラーも変えて、ガラッとスタイルチェンジの日です。

結構切ったかなー。ビフォーアフターで見ると本当に別人みたい。(※同じ人です)

カラーカットして、だいたい2時間くらいの間にこれだけ変わってるんだけど、左の写真(ビフォー)の頃の人生と、右の写真(アフター)のこれからの人生ってやっぱり同じじゃないと思うんですよね。

髪を切ろう、街へ出よう

逆にいってしまえば、「人生が変わるタイミング」っていうのが人にはあって、そういう時に髪を切りたくなったり、何かを変えたくなる気持ちの表れだったりするんじゃないかな?

やっぱり今回の彼女と話をすると、このタイミングで転職も考えていたり、自ら人生を変えようとしていて、

このタイミングが髪を切るタイミングだったりするのかな?

鶏が先か卵が先か、みたいな話かもしれないけど、言葉遊びのような、本気でそう思うような、不思議な感覚の中にいますけれど。うん、

書を捨てて街へ出るのもありだけど、髪を切って街へ出るのもいいかもしれないね。

そんな人たちを送り出す僕が思うのは、やっぱり髪を切るのは楽しいなーっていう美容師としての喜びと、

自分が切ったヘアスタイルを笑顔で喜んでもらえるのは嬉しいなっていう幸せを感じます。

もっともっと、たくさんの人が髪を切ることで新たな可能性が広がりますように。

それでは。

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。 お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク