バッサリ髪を切るということは過去の自分にサヨナラすること【お客様ヘア】

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。

さて、2018年も始まりましたがいかがお過ごしでしょうか?

今年の目標は決まりましたか?岡田の目標はブログを書くことです。(毎年行ってる気がします・・・)

さて、年始なので張り切っていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

新年の始まりに髪を切るということ

さて、2018年の始まりですが、新年の始まりは気持ちを新たにして物事に取り組むには最適です。

ということで?髪の毛を切る人も増えてます。スタイルチェンジする人が結構います。

年末には髪を「整える」人が多かった気がしますが、年始は「整える」というよりかは「新たに気分を変える」というあわられでしょうか。

美容師としての岡田は以前にもブログに書きましたが、「切りたい」という気持ちに背中を押したい気持ちなので、記事としてこういうことを書きました。

迷ってるならバッサリ髪をカットしない方がいいというのは迷信。【お客様ヘア】
こんにちは。中目黒のパーソナル美容師の岡田です。 最近、バッサリ髪を切る人が多いんですけど、なんででしょう?春だからですかね? ショートのオーダー率...

お客様の「髪を切りたい」というオーダーに関しては、特別な理由もなく止めることはしません。

もちろん、迷っているのであればしっかり話を聞きますし、最終的にはお客様判断ですが、

美容師としてのカットには自信がありますし、「変えたい」という気持ちを応援したい気持ちの方が強いので。

そういう意味でもパートナーでいたいです。髪を通して、人生をともに考え、ともにより良い生活を作っていく、そんなビューティーパートナーを目指してます。

髪を切ることの意味や理由は一つじゃない

「髪は女性の命」

とは良く言われる言葉ですが、髪が女性の命なのであれば、女性の数だけ答えがあると思っています。

人の数だけ答えがあって、人の数だけ髪にどういった意味つけをするのかは変わります。

じゃあ人の数だけ答えがある中で、何が正解かわからないじゃないか?と言われるかもしれないけれど、

そんな中で美容師として僕の中で決めているルールがあって、そのルールに外れるようと思う場合は切らないと決めています。

それは、その人が僕が美容師として髪を切ることで、より美しくなるということ。

人生、自分が思ったようにうまくはいかないもので、今の状態を何か変えたいと思う人もいるし、何かがきっかけで歯車がうまく回り出した人もたくさんいます。

そんな「何かのきっかけ」がつかめない人の中で、自分の今までの思いがたくさん詰まった「髪を切る」というきっかけを見つける人もいます。

髪を切ることに迷っている人がいるなら、その人に対して僕は美容師として切ることを放棄したりしたらダメだなと思っています。

嫌な思いを断つことで、髪に新たな良い思いが宿りますように

そういう気持ちの支えとして、そういう気持ちの後押しをしたいなと。

そういう意味で、新年初めに髪を切るということにいろんな思いを感じながら、

一つ一つを大切に切らせていただきました。

ビフォーは胸下のロングヘアー。ここからカラーカットで2時間後に

ここまで。丸みのある女性らしいショートになりました。

ビフォーアフターで見るとかなり変わりましたね。

今年もお客様にとってたくさんのいいことがありますように。

嫌な思いを断つことで、新しい良い思いが髪に宿りますように。

今年も一年頑張って美容師して生きます!どうぞよろしくお願いします!

それでは。

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。 お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク