楽しいか楽しくないかを決めるのは他の誰でもない

この記事が気に入ったらシェア

こんにちは。パーソナル美容師の岡田です。

ブログの毎日更新も自分の中では生活の一部となってきて、まだ途切れずにいい感じで更新を続けてこれているわけですが、まだ自分の中ではなんとか「ネタを探して書いている」状態からは抜け出せてはいない感じがしています。

ブロガーの方だと何か「書かないと気持ち悪い」くらいになるのが「日課」というもので、そこを目指しているのでまだまだだなと感じています。今日は1月26日です。今日も参りましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽しいか楽しくないかを誰が決めるのか

世の中にはたくさんの不平不満があって、たまに口をひらけば文句ばっかり言う人がいます。

僕も愚痴をこぼすこともそりゃあ人間ですからたまにはありますが、愚痴をいうことに慣れてしまった人というのは、なかなか治りません。

それが自分自身のストレス発散の一部として生活が成り立ってしまっているとしたら要注意ですね。

愚痴も聞いてあげるだけで話す方はだいぶ気持ちは楽になるんですけどね。でもいつもそればっかりだと聞いてる方も疲れてしまうかもしれないね。

だからと言って、「楽しい」ことって普通に生きていたらそんなに毎日起こることではないかもしれませんけども。

だから、「楽しくない」ことの方が多くなってしまうのは仕方ないのかもしれないけど、

それって「楽しく過ごす方法」を知らないだけなのかも。見方を変えるだけでおもしろくなることもたくさんある気がします。

楽しんでない人が楽しいことしてもおもしろくない

普通に生きていて、楽しいこと起こらないなぁーって嘆いていても、その場に降って落ちてくるもんではありません。

「楽しいこと」があるんじゃなくて、普通のことを「楽しめる」から「楽しい」んだと思うんですよね。

幸せとか形のないそういうことも同じだけど、もともとある「幸せ」を掴むんじゃなくて、「幸せを感じられる自分になる」というのも同じ考え方なのかな。

例えば、日常で起こることをゲーム感覚で考えてみるのもいいかもしれないし、自分にノルマを課して過ごすことも一つの方法かもしれないし、多分気持ち次第で、考え方次第で変わってくることって多い気がする。

だから迷った時は僕は最近は、シンプルに「楽しいか。楽しくないか」その先の自分が笑顔になれる姿を想像できる方を選ぶようにしても、意外と直感ていうのに委ねてみるのも悪くないかもしれないね。

楽しい人といると、楽しいことが起こるのも、その人自身が「楽しい人」だからなのかもしれないなって。そんな人といるから楽しくなれるっていうのもあると思います。

色々と迷うのは悪くないし、立ち止まって考えるのも必要だと思うけど、自分の気持ちに素直に行動してみるのも、悪くないんじゃないかなって最近思います。自分に素直にね。

キレイゴトだけど、シンプルに考えるのもいいなと思ったのと、最近ちょっと感じたことなのでブログにしてみました。

短いですが今日はこの辺で。

それでは。

岡田 彰大

The following two tabs change content below.
岡田 彰大
都内某有名店勤務を経てフリーランス美容師として独立。 「一人一人の髪の悩みにとことん向き合ったパーソナルケア」に特化したパーソナル美容師として活動中。 ☆「組織に属さないプロフェッショナル」としてヘアスタイルを通して「あなただけのfashionとstyleを」モットーに活動しています。 サロンワークの傍ら、専門学校の講師としても活動しています。サロンワークは中目黒駅徒歩1分【piece201】にておこなっております。お仕事のご依頼・ご予約は「contact」・「LINE@」よりご連絡下さい。 「LINE@相談」も無料で承っています。 ↓↓の「友だち追加」ボタンでLINE@で気軽に友だち追加してください♪
LINE@友だち追加
※ご予約やご相談はLINE@にて承っております。下記の「友達追加」より2クリックで友だち追加できます。友達追加してもらえると喜びます。 友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が気に入ったらシェア

この記事が気に入ったらシェアしよう
スポンサーリンク
スポンサーリンク